2010.05.07

香水と木刀

香水と木刀


WindowsMobileプログラムのマニュアル書きに飽きたので、久しぶりに落描きして逃避。
ってか、タツヨシ資料少なすぎだよ。


…浜松で上映するというので、映画「マイマイ新子と千年の魔法」を観てきました。2回目です。

5/1はGWで初日、ファーストデイで1000円だったり、監督さんが挨拶に来られるなどてんこ盛りの内容で、前回とは違って大入り満員。
せっかく監督さんが来られるのに4人だったら洒落にならないところだったのでよかった(^^;

子供さんもそれなりにいたのですが、最後まで騒ぐこともなく、大変快適に鑑賞できました。
あえて言うと、ちょっと音響がおとなしかったかな。テーマ曲の足踏みしているかのような所で、ずんずん響く重低音がないのがちょっと悲しかった。
でも、清水のときよりスクリーンは綺麗だったし、椅子も座り心地良かったです。

初回鑑賞から3ヶ月近く経ち、自分の中での評価も落ち着いて、「2回目観ることもないかな?」とちらっと思ったりしたのですが、まったく浅はかな考えでした。
聞いてはいたし、観ればわかるのですが、いかに緻密に細部に至るまで作りこまれているか、回を重ねるごとに認識を新たにしそうなことが判明して、驚愕しているところです。

はっきりくっきり明快なメディアに慣らされてると、「なぜそこまで」「ええーっ」って感じで、凄いなと。
表層の展開だけでは推し量れない多層・多重構造の映画です。

でも、誰にでもわかるテーマがきちんと用意されているので、安心してお薦めできます。
けれど、ノスタルジーとはむしろ反対のテーマが設定されていることは考慮しておくべきかも。


ここからはネタばれ。ていうか、観てない人は意味不明かと。個人的な妄想の可能性も。


Continue reading "香水と木刀"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.24

マイマイ新子と千年の魔法

新子と貴伊子と諾子


…お久しぶりです。誰も見てないかもしれませんが(^^;

映画「マイマイ新子と千年の魔法」を観てきました。
去年TVCMで見かけて以来気になっていたのですが、近くのMOVIX清水で上映するというので。
上映館少なすぎで、なおかつ上映期間も短いので、なかなか観られない映画です。

MOVIX清水の最終上映は22日18時。1日1回です。どうやら2週間しか上映しなかったみたい。
わざわざ出かけて行って、観られなかったら嫌だなあと、ネットで予約したんですが、まったくの杞憂。
私を入れて4人でした(涙)
公開記念のマイマイエコバッグもたくさんありました。

公開記念マイマイエコバッグ

東京では入れない人もいるというのに、どういうことよ!
落ち着いて観られましたが、ちょっと寂しい気も。

で、観たわけですが。
良かったです。
こんな久しぶりに「日記絵を描かなければ!」と思ったくらい(^^;
以下、感想を。ネタばれではないですが、雰囲気も知りたくない人は注意。


赤毛のアンかと思ったら、じゃりン子チエだった、というのが最初の感想でしたが。
でも頭の中で何回も反芻するにつれ、映画の構成がわかってきました。
貴伊子ちゃんやタツヨシ君の、「死」にまつわる感情の動き。
1000年前と50年前の世界の重なり、魔法、そして映画のメッセージ。
また観たい!と久しぶりに思った映画でした。

あえて言うと、新子自身の物語がない感じで弱いかなと。
なぜ暗転から立ち直ったのか、いまひとつわからないので観返したいんですが、やっぱり「魔法」なのかなあ。

あと私は赤毛のアン大好きなので、もうちょっと赤毛のアン成分多いと良かったんですが(^^;
映画のバランス考えるとそうもいかないのでしょうね。
アニメのことを知り尽くしておられる監督さんなので、ケレンミがないのはわざとでしょう。
アリーテ姫もそうらしいけど、地味。
おかげで興行的には苦しい戦いを強いられてますが、ストイックなまでに姿勢を貫いてます。

(それなのに、ふわふわして現実感のない日記絵を描いてしまいましたが。
いや、最初はアンとダイアナみたいに両手をつないでる絵を描くつもりだったんだよ~)

映像的にも淡々としていて、緻密なんですが、メリハリがない分、最初映画の構造がわかりにくい。
映像的に強弱つけることで改善できそうなのですが、恐らく映画の予算も尺も足りないのだろうなあ…と思ったり。
ED付ける付けないで大揉めした、なんて話もありますし。

音楽も印象的で、サントラ買ってしまいましたよ。
全国的な上映も終了し、あとはDVDを待つしかないのですが、なかなか出そうもないこと言ってますねぇ。。。
早く出して~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.10

「時かけ」鑑賞行

「わかってねーなー」
「なんでよー また彼は会いに来てくれるでしょー?」

…てな会話を考えていたのですが、ケンカになりそうなので(^^;
最終的にはいい雰囲気になる予定なのでその状態を描いてみました。

映画「時をかける少女」の事をいろいろ調べていたら観に行きたくなったので、仕方なく岐阜まで行って来ました。
鑑賞行とか書いてますが映画の舞台が岐阜なわけではないです(^^;

私の住む静岡での公開は9月末で実際上10月、すでに秋なので。それは待てないなと。

で、はるばる観に行った映画は、主人公の真琴がスクリーン狭しと跳ね回る、青春映画でした。
良かった。

内容に関してはいろいろ書くと鼻で笑われそうなので、観終わった直後にメモした要点だけ。

 ・アイディアの原点は『繰り返し』のコメディか
 ・真琴が元気!喜怒哀楽豊か
 ・夏・青春
 ・タイムリープにはつっこみ(本質ではないけど ^^;)
 ・現代の若者への視点が優しい

「時をかける少女」に関してはほとんど情報を入れてなかった(原作も読んだこと無い)ので純粋に楽しめた感じ。
細田守監督のスキのない演出はさすが。どれみとナージャくらいしか見たことないのですが、また違った感じで驚きました。
『標識』ではにやりとしましたが(^^;

1つだけ気になること書くと、『丁寧過ぎ』なのではと。美術も山本二三さんで美しいので、スキを作って、情感優先シーンで気が抜けると良いかもなどと。上映時間が2時間無いとは思えないほど密度が濃いです。
(ところで山本二三さん自分のスタジオをつくられたのですねー。びっくり)

さて、この映画を観終わったら夏の暑さと太陽を浴びに外を歩き回らなくちゃ駄目でしょう!ゆえに学生カップルにお薦め!
(…の割にはカップルどころか、上映最終日だというのに観客数1桁でしたがorz)

そんなわけで、観終わったあとは映画館下のどうでもいい軽快なBGMを垂れ流すモールを無視して外へ。

ユナイテッド・シネマ真正16があるリバーサイドモール周辺はだだっ広い郊外で、青々した田んぼに送電鉄塔が林立。
真夏とは言わないまでも夏を思わせる暑さの空に積雲なんかも。

近くにある川までぶらぶら歩き回ってました。あああ、独りで何やってんだかorz

でもこの時期に無理して観に行って良かった。映画館出たら秋とか冬ってのは悲しいよこの映画は(^^;

主題歌「ガーネット」を聴いてると、「これってTLSか?!」とかつい思ってしまいますね(^^;
映画の内容的にも通じるところがあるかも。

『別れ』のシーンがとても!とても好きです。

あ~もう1回観たいぃ~~

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.08.06

愛・地球博

アテンダント

 愛・地球博 三菱未来館@earthより、人間とロボットのアテンダント共演。wakamaruは初めてのロボットアテンダント。なおパビリオンで実際にこういう共演シーンはない(^^;

 …先日、愛・地球博へ行って来ました。個人的にはどうでもいいと思っていたけど、家族の付き添いで。意外に楽しめたので、つらつらレポートをば。

▼とにかく早朝に行って、早く駐車場に入るのがベストということで、駐車場に午前7時着。シャトルバスを乗り継いで長久手会場東ゲートに到着したのが午前8時。開場は9時なので、さらに1時間延々と待つ(^^; 当日は曇りでしのぎやすい天気だったのですが、風がない上に人が密集しているので、蒸し暑い。要らないかな?と思いつつ持っていったウチワは大正解。というか、なにかと行列に並ぶことの多い会場内ではほぼ必須。

 待ち行列中あると良いものは、飲み物・ウチワ・椅子(レジャーシート)。飲み物は熱中症予防のためにも必須で、盛んにアナウンスされてます。入場時の持ち込みは禁止ですが、その場で没収されるだけなので、開場待ちが予想される場合はペットボトル飲料等持っていくと吉。会場では1時間以上待つのはざらなので、立ちっぱなしは勘弁という人は折り畳み椅子も必須。でも、結構少しずつ動くので、落ち着いて座ってられないことが多いです。

▼入場すると、大概の人はダッシュで企業パビリオンの予約待ち行列へ走りますが、うちは老人が多いので無理(^^; 端から予約は諦めていたので、まずは第1目標のマンモスラボへ。今回はメジャー・企業展示が目当てということなので、私の希望はあまり入ってない(^^; そもそもマンモスラボへ行くなら西ゲートから行く方がいいような気がするんだけど…

 マンモスラボはグローバル・ハウスの一部でマンモスラボのみ見ることも可能。今回はマンモスが見たいだけなので、マンモスラボオンリーで。グローバル・ハウスと入口が全然離れているのが凶悪。朝イチだったので全然待ち時間なし。

 マンモス自体は「ああそう。」という印象(^^; だってガラス越しで触れないし、ガラスも何か濡れてる感じであまり鮮明じゃない。暗いし時間も短い(^^; 素人は本物と偽物の区別なんて付かないんだから、偽物でも間近で触ったり出来る方がいいんじゃないかな~

▼次に向かったのは長久手日本館50分待ち。昔の電化製品やパソコンなどの展示を抜け、なんちゃって3Dディスプレイの後、360度全天球型映像の『地球の部屋』へ。球形の部屋の壁でイルカが泳ぎ回って観客をお出迎えしてくれて、ちょっと「おおっ?」という感じ。内容は夏休み特別バージョンで、水中から森の中、そして宇宙へ飛び出していくもの。壮大な内容ではないけど、なかなか楽しませてくれました。これで実写並みの緻密な映像ならなー

 他のバージョンも見てみたい気もするけど、もう一度並んでまで見たいものでもないような(^^;

▼見終わったら11時くらいだったので、『こいの池』のほとりでお弁当。近くの『日本の塔「月」』近くでモリゾー・キッコロとの記念撮影してました。私はしませんでしたが。金鯱・名古屋城帽子凶悪(^^;

記念撮影

 お弁当を食べ終わる頃、飛行船ツェッペリンNTが飛来。会場をぐるぐる回ってました。

展・覧・車とツェッペリンNT

▼次は三菱未来館@earth もしも月がなかったら40分待ち。まず入り口でwakamaru2体によるウェイテイング・ショー。

wakamaru

 次に通される暗い部屋で地球と月の寸劇。ひょっとしてこれで終わり?ショボすぎる!と観客をびびらせた後、本番のIFXシアターへ。月がなかったらこんな世界になるという映像を上映します。

 鏡を使った演出はなるほどと思ったものの、感動イメージを前面に押し出した空っぽの内容でちょっと残念。個人的には「どうしてそうなるのか?」の方をもっとやって欲しかったけど、一般観客が退屈するだろうなあ。アテンダントさんの服は万博一萌えな服と言われているので、そこは必見かも(^^;;; 個人的にはそうでもないと思うけど。

▼いよいよ人気企業パビリオンが立ち並ぶ、企業パビリオンゾーンBへ。予約も何も取ってないので、あまり期待はしてなかったけど、やっぱり玉砕。三井・東芝館 グランオデッセイが2時間待ちというので並ぶことにしました。実際は90分待ち。

 ここの売りは観客自らの顔を3次元スキャナで取り込んで、映画本編に登場させること。私はオーソリティだった(^^; 内容自体はよくある「先祖が地球人で、発掘した宇宙船で地球に帰る」というネタなので、特に珍しくもなく。家族は「途中で眠くなった」と言ってました。まあ、確かに。

▼もう一度チャレンジしに行くと、Nature Contact 日立グループ館が3時間待ちというので、これで最後ということで並ぶことに。どうも当日、予約システムにいろいろ問題が発生したらしく、ごたごたしてましたが、最終的には2時間待ち。並んでいる間、壁に埋め込まれたディスプレイに日立製品のCMが延々流れるのが凄い(^^; でも「この木なんの木」はいかにも日立で、愛・地球博っぽいとは思いました(^^;

この木なんの木

 受付で初めて入場カードを要求され、名前と顔写真を登録。メインショーでは、ここで登録した名前で呼ばれます。

 プレショーでは「Nature Viewer」なる端末を渡され、希少動物をかたどったオブジェクトの森を歩きます。オブジェクトに付いているドリームキャストのマークのようなもの(^^;に端末を当てると、その動物の映像情報が端末に表示される仕組み。端末は結構ずしりと重く、600gくらいあるらしい。操作はAボタンBボタンのみというシンプルな構成で、迷うことは少ないと思われますが、うちの家族は指摘するまでボタン押してませんでした(^^;

 「あ、これ面白~い」と近くの女の子達が言っていたのが印象的。単純な仕掛けで子供だましなんだけど、まあ確かに面白いかも。でもこの感覚ってどこかで…?と考えていたら、はたと思い当たりました。

 「このシルエットといえば?そう、○○じゃな」

 ポ・ケ・モ・ンか~~~っ!!

ポケモン@日立館

 要するにNature Viewerってポケモン図鑑だなと(^^; この仕掛けで、希少動物じゃなくポケモンをテーマにしたら、子供達大喜びだろうな~

 Nature Viewer返却した後はメインショー。ユビキタス・エンターテインメント・ライドなる座席に着き、ハンドセンサーを右手にはめ、アドベンチャースコープなる双眼鏡を覗きます。MRという技術で、実際に見える風景とCGを各スコープごとに合成表示、リアルな3D感覚を体験するというもの。普通の3Dシアターのようにただ立体的に見えるだけでなく、「覗き込む」ことができるのが特徴。

 実際に覗いてみると、手元のウミガメから上空を泳ぐマンタまで3D表示されるので、思いの外臨場感があって楽しい。ちょっとした仕掛けもあって、演出も小気味よく、単純ながらかなり楽しめます。これだけ臨場感があるなら、希少動物のみならず、恐竜をテーマにしたらかなり楽しめそうだなあと思ったり。ディズニーランドやUSJでこんなのありそうだけど。

▼見終わったら夕方になったので、この辺で切り上げて帰ることに。結局、マンモスラボ→長久手日本館→三菱未来館→三井・東芝館→日立グループ館と5つ見られたので、まあ良しと。トヨタグループ館が見られなかったのが少し心残り。各パビリオン見てわかったけど、トヨタ館が一番お金かかってそうなので(^^;

▼帰る前に腹ごしらえしようと北エントランス付近をウロウロしてたら、件のロボット案内嬢発見。

ある意味本当に『脱いでも凄い』アクトロイド

 アクトロイドといって、各ゲートに一体ずついるらしいので、話のネタに見てみるといいかも。やはり自然な仕草とはほど遠くて、ある意味不気味で怖~

 そういえば、万博会場ではガードマンロボットや清掃ロボットがお目見えと聞いてたのに、全然見かけませんでした。あの人出で運用は無理と諦めたのか。

▼そんなこんなで、暗くなってもまだまだ人だかりの会場を後にしました。

夜の人だかり

 総論としては、基本的に子供だましだが、金銭・時間・労力をいとわなければ、まあ楽しめるかも。万博なんだから、企業館より外国館見て回る方が面白そうだけど、トヨタ館と日立館はまあ見ても良いかな。期間限定だしね。家族と一緒だったので、アテンダントさんチェックできなかったのが少し心残りと(^^;;; 会場スタッフは皆愛想良く親切で好感もてました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.02.14

勘違い?[小牧愛佳]

本当は…

「きゃっ!」
「ごめん!あ…それって……」
「あっ!いえっ、その……か、勘違いっ!」
「えっ?」
「今日のお茶菓子にどうかなって…。美味しそうだったから」
「………」
「………」

 …てなわけで、ToHeart2に手を出してしまいました(^^; 初クリアは小牧愛佳。小動物キャラというのは初めてで、大変いい感じ。お菓子をこそこそ食べるシーンがとても好き。お互い紅茶好きなので話が合います~♪

 今日はバレンタインなので、愛佳のバレンタインはどうなるかな~と考えつつ描いてみました。TH2時空は3月からなので、こういうシーンはあり得ないわけだけど。ラッピングまでして単なるお茶菓子のわけはないですが(^^;

 いやしかし。愛佳は食いしん坊なので、自分用に美味しそうなのを買ったというのはあり得る…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.01.23

タイたん

さむいです…

 土星最大の衛星タイタンは木星の衛星ガニメデに次ぐ大きさであり、水星や冥王星よりも大きい。1.5気圧という非常に濃い大気を持ち、その主な主成分は窒素とメタンである。これは原始の地球に似ていると言われ、2005年1月14日地表に着陸した探査機ホイヘンスの画像には、山や川など、地球ではおなじみの景観が写されていた。

 最近、小型探査機ホイヘンスのタイタン地表画像で盛り上がってます。タイタンの表面はメタンとはいえ循環系らしきものがありそうで、火星よりも地球人になじみ深い風景です。山があって川があって海があるって感じで。-180℃で昼でも真っ暗ですけど。もっともっと探査して欲しいなあ。

 クレーターはなく地表は非常になめらかで、起伏は意外に少ないという報告があるので、ないつるぺたな体型に(^^; でも、かなり大きい星だから体はでかいはずなんだけど。色はオレンジ系らしいので、本当は服もそうしたかったんだけど、どうもうまくいかないので赤系統に。厚い大気だからこんな薄着じゃないだろと思ったりするも、そこはそれ、地球の大気だって地球全体から見れば非常に薄いベールだし<言い訳(^^;

 そんなこんなで麗しのタイたんグラビアはこちら。
 http://www.esa.int/SPECIALS/Cassini-Huygens/
 http://saturn1.jpl.nasa.gov/multimedia/images/index.cfm
 http://www.nikkei.co.jp/topic3/photo/g22/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カッシーニたんとタイたん

かわいいアザね…猫みたい♪

 NASAの土星探査機カッシーニは2004年10月26日、土星の衛星タイタンに1,200kmまで接近、様々な観測を行った。レーダーによる地表観測では、クレーターのない非常になだらかな地形が捉えられ、猫のような形の黒い領域は湖ではないかと推測されている。

 「なんてなめらかですべすべの肌なの…。ふふっ、かわいいふくらみ…」
 「あっ…う…。もうやめてください…」

 …えーと、久しぶりの記事なのにいろんな意味でアレなものですみません(^^;

 土星探査機カッシーニたんはNASA最後の大型探査機と呼ばれるほど大きな図体なので、長身・グラマーを想定。服装は放射線や粒子から精密機器を防護するため金色のブランケットをまとってます。子機ホイヘンスの擬人化はどうしようなあ…。うる星やつらのテンみたいなのが胸にぐりぐり顔を埋め…って感じ?(^^;

 ホイヘンスはもう力尽きたけど、カッシーニたんはこれから40回以上もタイたんに接近し、様々な器具でいぢめてくれるそうです。楽しみ~♪

| | Comments (3) | TrackBack (4)

2004.06.26

スペースシップワンたんと白の騎士

スペースシップワンたんと白の騎士

 米スケールド・コンポジット社はジェット輸送機から有人宇宙船を発射するシステムを開発。2004年6月21日、輸送機ホワイトナイトから射出された宇宙船スペースシップワンは高度100kmの宇宙空間に到達、無事帰還した。これは民間初の快挙であり、3人乗り民間製宇宙船を2週間以内に2回宇宙へ送って帰還させるという『Xプライズ』獲得を目指す。


 …粟岳さんに召喚されたので、さっそく描いてみたり(^^;)。いや、前々からこれは描こうと思っていたんだけど、こんなに早く民間有人宇宙飛行実現するとは。

 いわゆるX-15と同じ打ち上げ方式であり、民間の技術レベルがようやくその辺りまできたということか。高度15kmから100kmまでスペースシップワンのロケットエンジンで行う(もちろん揚力や大気ガスも利用しない)ので、地上からロケットで発射するのに比べてどんなメリットがあるのか今ひとつ不明。軽量なシステムなら大げさな地上設備が要らず多少有利なのかも。スケールド・コンポジット社のHPは写真はたくさんあるんだけど、今ひとつシステムの説明が不足な気が。Encyclopedia Astronauticaの解説の方がよっぽどわかりやすい(^^;


 輸送機のホワイトナイト-white knightは救済者とか救世主という意味があるみたいだけど、オリジナルマークはどう見てもジェイソン(^^;)。美女と野獣な絵にする手もあったけど、やっぱり女の子2人の方が良いなあと思って、女騎士っぽくしてみました(^^;;;

 女騎士といえばワルキューレかなあと思ってそれっぽく(?)。ワルキューレってバルキリーの事だし、白い翼を持って戦死者の魂を天空のバルハラに送りとどけるって辺りもらしいかと(縁起でもない?)。せっかく鎧なんで特徴の丸窓はそばかすからヘルメットへ移行してみたり。

 そんなわけで、ホワイトナイトの方にばかり注力してしまって、肝心のスペースシップワンたんの方が適当に。どうもあのレタリングはサーカスかフィギュアスケートの衣装を喚起するので、女騎士と組み合わせるのは妙なんだが(^^;)。スカート部はシースルーの方が良かったかなーとか。要改善。


 なんでもいいけど、すぺーすしっぷわんって名前としては呼びにくいぞ。たん呼ばわりしてもしっくりくる名前希望(爆)

| | Comments (2) | TrackBack (3)

2004.05.18

ベイドアおーぷん

あっ、あつい…あついですご主人様ぁ

 宇宙空間には空気も遮蔽物もないため、太陽光の影響は地上に比べ遙かに激しい。宇宙船にとって排熱は重要な要素の一つであり、スペースシャトルではペイロードベイドアと呼ばれる貨物室扉を開き宇宙空間に熱を排出する。特に貨物を展開する必要がなくても、扉を開く必要があるのである。

 「こ、こんな…。誰も見てないからといって、こんなはしたないことを…。あっ、エンデバーはいけない子です、ご主人様ぁ」

 …粟岳さんに指摘されたので、排熱のため胸元を開くエンデバーたんを描いてみました。って、必要以上にえろげちっくな台詞にしてしまいましたが(滝汗)。個人的には黙って顔を真っ赤にしてる方が好み(爆)

 このあと胸元からペイロードを取り出すんでしょうが、よい子のさひろはえろいものは思いつきません。貨物室形状から言って細長いものでしょうけど…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.05.09

エンデバーたん

ではご主人様、行って参ります

 NASAが開発した、唯一の有翼宇宙往還機システム。帰還時にはグライダーのように水平着陸することが出来る。機体を再利用しコスト削減が可能なはずだったが、現実には機体構造やメンテナンスの複雑さからコスト増を招き、5号機エンデバーを最後に製造が終了した。事故で2機が失われ、代替の宇宙機はまだ開発されていない。

 …なんとなくメイドさんが描きたくなったので、以前から考えていたスペースシャトルを描いてみました(^^;)。アメリカでメイドさんってのも少し変だけど、スペースシャトル擬人化はどう考えてもメイドだーと常々思っていたので。擬人化も何もただメイドを描いただけー(^^;)。ちなみにエンデバーとは、イギリスの探検家ジェームス・クックの船の名前だそうな。”努力号”?

 最近は珍しく本を読んでます。ライトノベルみたいなものばかりだけど。Quartett!もまだ手を付けてないんだよねー(^^;

| | Comments (5) | TrackBack (2)