2010.05.07

香水と木刀

香水と木刀


WindowsMobileプログラムのマニュアル書きに飽きたので、久しぶりに落描きして逃避。
ってか、タツヨシ資料少なすぎだよ。


…浜松で上映するというので、映画「マイマイ新子と千年の魔法」を観てきました。2回目です。

5/1はGWで初日、ファーストデイで1000円だったり、監督さんが挨拶に来られるなどてんこ盛りの内容で、前回とは違って大入り満員。
せっかく監督さんが来られるのに4人だったら洒落にならないところだったのでよかった(^^;

子供さんもそれなりにいたのですが、最後まで騒ぐこともなく、大変快適に鑑賞できました。
あえて言うと、ちょっと音響がおとなしかったかな。テーマ曲の足踏みしているかのような所で、ずんずん響く重低音がないのがちょっと悲しかった。
でも、清水のときよりスクリーンは綺麗だったし、椅子も座り心地良かったです。

初回鑑賞から3ヶ月近く経ち、自分の中での評価も落ち着いて、「2回目観ることもないかな?」とちらっと思ったりしたのですが、まったく浅はかな考えでした。
聞いてはいたし、観ればわかるのですが、いかに緻密に細部に至るまで作りこまれているか、回を重ねるごとに認識を新たにしそうなことが判明して、驚愕しているところです。

はっきりくっきり明快なメディアに慣らされてると、「なぜそこまで」「ええーっ」って感じで、凄いなと。
表層の展開だけでは推し量れない多層・多重構造の映画です。

でも、誰にでもわかるテーマがきちんと用意されているので、安心してお薦めできます。
けれど、ノスタルジーとはむしろ反対のテーマが設定されていることは考慮しておくべきかも。


ここからはネタばれ。ていうか、観てない人は意味不明かと。個人的な妄想の可能性も。


Continue reading "香水と木刀"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.24

マイマイ新子と千年の魔法

新子と貴伊子と諾子


…お久しぶりです。誰も見てないかもしれませんが(^^;

映画「マイマイ新子と千年の魔法」を観てきました。
去年TVCMで見かけて以来気になっていたのですが、近くのMOVIX清水で上映するというので。
上映館少なすぎで、なおかつ上映期間も短いので、なかなか観られない映画です。

MOVIX清水の最終上映は22日18時。1日1回です。どうやら2週間しか上映しなかったみたい。
わざわざ出かけて行って、観られなかったら嫌だなあと、ネットで予約したんですが、まったくの杞憂。
私を入れて4人でした(涙)
公開記念のマイマイエコバッグもたくさんありました。

公開記念マイマイエコバッグ

東京では入れない人もいるというのに、どういうことよ!
落ち着いて観られましたが、ちょっと寂しい気も。

で、観たわけですが。
良かったです。
こんな久しぶりに「日記絵を描かなければ!」と思ったくらい(^^;
以下、感想を。ネタばれではないですが、雰囲気も知りたくない人は注意。


赤毛のアンかと思ったら、じゃりン子チエだった、というのが最初の感想でしたが。
でも頭の中で何回も反芻するにつれ、映画の構成がわかってきました。
貴伊子ちゃんやタツヨシ君の、「死」にまつわる感情の動き。
1000年前と50年前の世界の重なり、魔法、そして映画のメッセージ。
また観たい!と久しぶりに思った映画でした。

あえて言うと、新子自身の物語がない感じで弱いかなと。
なぜ暗転から立ち直ったのか、いまひとつわからないので観返したいんですが、やっぱり「魔法」なのかなあ。

あと私は赤毛のアン大好きなので、もうちょっと赤毛のアン成分多いと良かったんですが(^^;
映画のバランス考えるとそうもいかないのでしょうね。
アニメのことを知り尽くしておられる監督さんなので、ケレンミがないのはわざとでしょう。
アリーテ姫もそうらしいけど、地味。
おかげで興行的には苦しい戦いを強いられてますが、ストイックなまでに姿勢を貫いてます。

(それなのに、ふわふわして現実感のない日記絵を描いてしまいましたが。
いや、最初はアンとダイアナみたいに両手をつないでる絵を描くつもりだったんだよ~)

映像的にも淡々としていて、緻密なんですが、メリハリがない分、最初映画の構造がわかりにくい。
映像的に強弱つけることで改善できそうなのですが、恐らく映画の予算も尺も足りないのだろうなあ…と思ったり。
ED付ける付けないで大揉めした、なんて話もありますし。

音楽も印象的で、サントラ買ってしまいましたよ。
全国的な上映も終了し、あとはDVDを待つしかないのですが、なかなか出そうもないこと言ってますねぇ。。。
早く出して~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.10

「時かけ」鑑賞行

「わかってねーなー」
「なんでよー また彼は会いに来てくれるでしょー?」

…てな会話を考えていたのですが、ケンカになりそうなので(^^;
最終的にはいい雰囲気になる予定なのでその状態を描いてみました。

映画「時をかける少女」の事をいろいろ調べていたら観に行きたくなったので、仕方なく岐阜まで行って来ました。
鑑賞行とか書いてますが映画の舞台が岐阜なわけではないです(^^;

私の住む静岡での公開は9月末で実際上10月、すでに秋なので。それは待てないなと。

で、はるばる観に行った映画は、主人公の真琴がスクリーン狭しと跳ね回る、青春映画でした。
良かった。

内容に関してはいろいろ書くと鼻で笑われそうなので、観終わった直後にメモした要点だけ。

 ・アイディアの原点は『繰り返し』のコメディか
 ・真琴が元気!喜怒哀楽豊か
 ・夏・青春
 ・タイムリープにはつっこみ(本質ではないけど ^^;)
 ・現代の若者への視点が優しい

「時をかける少女」に関してはほとんど情報を入れてなかった(原作も読んだこと無い)ので純粋に楽しめた感じ。
細田守監督のスキのない演出はさすが。どれみとナージャくらいしか見たことないのですが、また違った感じで驚きました。
『標識』ではにやりとしましたが(^^;

1つだけ気になること書くと、『丁寧過ぎ』なのではと。美術も山本二三さんで美しいので、スキを作って、情感優先シーンで気が抜けると良いかもなどと。上映時間が2時間無いとは思えないほど密度が濃いです。
(ところで山本二三さん自分のスタジオをつくられたのですねー。びっくり)

さて、この映画を観終わったら夏の暑さと太陽を浴びに外を歩き回らなくちゃ駄目でしょう!ゆえに学生カップルにお薦め!
(…の割にはカップルどころか、上映最終日だというのに観客数1桁でしたがorz)

そんなわけで、観終わったあとは映画館下のどうでもいい軽快なBGMを垂れ流すモールを無視して外へ。

ユナイテッド・シネマ真正16があるリバーサイドモール周辺はだだっ広い郊外で、青々した田んぼに送電鉄塔が林立。
真夏とは言わないまでも夏を思わせる暑さの空に積雲なんかも。

近くにある川までぶらぶら歩き回ってました。あああ、独りで何やってんだかorz

でもこの時期に無理して観に行って良かった。映画館出たら秋とか冬ってのは悲しいよこの映画は(^^;

主題歌「ガーネット」を聴いてると、「これってTLSか?!」とかつい思ってしまいますね(^^;
映画の内容的にも通じるところがあるかも。

『別れ』のシーンがとても!とても好きです。

あ~もう1回観たいぃ~~

| | Comments (0) | TrackBack (1)