« January 2010 | Main

2010.05.07

香水と木刀

香水と木刀


WindowsMobileプログラムのマニュアル書きに飽きたので、久しぶりに落描きして逃避。
ってか、タツヨシ資料少なすぎだよ。


…浜松で上映するというので、映画「マイマイ新子と千年の魔法」を観てきました。2回目です。

5/1はGWで初日、ファーストデイで1000円だったり、監督さんが挨拶に来られるなどてんこ盛りの内容で、前回とは違って大入り満員。
せっかく監督さんが来られるのに4人だったら洒落にならないところだったのでよかった(^^;

子供さんもそれなりにいたのですが、最後まで騒ぐこともなく、大変快適に鑑賞できました。
あえて言うと、ちょっと音響がおとなしかったかな。テーマ曲の足踏みしているかのような所で、ずんずん響く重低音がないのがちょっと悲しかった。
でも、清水のときよりスクリーンは綺麗だったし、椅子も座り心地良かったです。

初回鑑賞から3ヶ月近く経ち、自分の中での評価も落ち着いて、「2回目観ることもないかな?」とちらっと思ったりしたのですが、まったく浅はかな考えでした。
聞いてはいたし、観ればわかるのですが、いかに緻密に細部に至るまで作りこまれているか、回を重ねるごとに認識を新たにしそうなことが判明して、驚愕しているところです。

はっきりくっきり明快なメディアに慣らされてると、「なぜそこまで」「ええーっ」って感じで、凄いなと。
表層の展開だけでは推し量れない多層・多重構造の映画です。

でも、誰にでもわかるテーマがきちんと用意されているので、安心してお薦めできます。
けれど、ノスタルジーとはむしろ反対のテーマが設定されていることは考慮しておくべきかも。


ここからはネタばれ。ていうか、観てない人は意味不明かと。個人的な妄想の可能性も。


Continue reading "香水と木刀"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main