« ミュシャ展 | Main | マイマイ新子と千年の魔法 »

2006.09.10

「時かけ」鑑賞行

「わかってねーなー」
「なんでよー また彼は会いに来てくれるでしょー?」

…てな会話を考えていたのですが、ケンカになりそうなので(^^;
最終的にはいい雰囲気になる予定なのでその状態を描いてみました。

映画「時をかける少女」の事をいろいろ調べていたら観に行きたくなったので、仕方なく岐阜まで行って来ました。
鑑賞行とか書いてますが映画の舞台が岐阜なわけではないです(^^;

私の住む静岡での公開は9月末で実際上10月、すでに秋なので。それは待てないなと。

で、はるばる観に行った映画は、主人公の真琴がスクリーン狭しと跳ね回る、青春映画でした。
良かった。

内容に関してはいろいろ書くと鼻で笑われそうなので、観終わった直後にメモした要点だけ。

 ・アイディアの原点は『繰り返し』のコメディか
 ・真琴が元気!喜怒哀楽豊か
 ・夏・青春
 ・タイムリープにはつっこみ(本質ではないけど ^^;)
 ・現代の若者への視点が優しい

「時をかける少女」に関してはほとんど情報を入れてなかった(原作も読んだこと無い)ので純粋に楽しめた感じ。
細田守監督のスキのない演出はさすが。どれみとナージャくらいしか見たことないのですが、また違った感じで驚きました。
『標識』ではにやりとしましたが(^^;

1つだけ気になること書くと、『丁寧過ぎ』なのではと。美術も山本二三さんで美しいので、スキを作って、情感優先シーンで気が抜けると良いかもなどと。上映時間が2時間無いとは思えないほど密度が濃いです。
(ところで山本二三さん自分のスタジオをつくられたのですねー。びっくり)

さて、この映画を観終わったら夏の暑さと太陽を浴びに外を歩き回らなくちゃ駄目でしょう!ゆえに学生カップルにお薦め!
(…の割にはカップルどころか、上映最終日だというのに観客数1桁でしたがorz)

そんなわけで、観終わったあとは映画館下のどうでもいい軽快なBGMを垂れ流すモールを無視して外へ。

ユナイテッド・シネマ真正16があるリバーサイドモール周辺はだだっ広い郊外で、青々した田んぼに送電鉄塔が林立。
真夏とは言わないまでも夏を思わせる暑さの空に積雲なんかも。

近くにある川までぶらぶら歩き回ってました。あああ、独りで何やってんだかorz

でもこの時期に無理して観に行って良かった。映画館出たら秋とか冬ってのは悲しいよこの映画は(^^;

主題歌「ガーネット」を聴いてると、「これってTLSか?!」とかつい思ってしまいますね(^^;
映画の内容的にも通じるところがあるかも。

『別れ』のシーンがとても!とても好きです。

あ~もう1回観たいぃ~~

|

« ミュシャ展 | Main | マイマイ新子と千年の魔法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「時かけ」鑑賞行:

» 時をかける少女 [気になる言葉]
時をかける少女は、筒井康隆のジュブナイル小説 (1967年刊)と、それを原作とする映画・ドラマ・コミック・アニメなどの作品。 [Read More]

Tracked on 2006.09.15 20:22

« ミュシャ展 | Main | マイマイ新子と千年の魔法 »