« June 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.23

タイたん

さむいです…

 土星最大の衛星タイタンは木星の衛星ガニメデに次ぐ大きさであり、水星や冥王星よりも大きい。1.5気圧という非常に濃い大気を持ち、その主な主成分は窒素とメタンである。これは原始の地球に似ていると言われ、2005年1月14日地表に着陸した探査機ホイヘンスの画像には、山や川など、地球ではおなじみの景観が写されていた。

 最近、小型探査機ホイヘンスのタイタン地表画像で盛り上がってます。タイタンの表面はメタンとはいえ循環系らしきものがありそうで、火星よりも地球人になじみ深い風景です。山があって川があって海があるって感じで。-180℃で昼でも真っ暗ですけど。もっともっと探査して欲しいなあ。

 クレーターはなく地表は非常になめらかで、起伏は意外に少ないという報告があるので、ないつるぺたな体型に(^^; でも、かなり大きい星だから体はでかいはずなんだけど。色はオレンジ系らしいので、本当は服もそうしたかったんだけど、どうもうまくいかないので赤系統に。厚い大気だからこんな薄着じゃないだろと思ったりするも、そこはそれ、地球の大気だって地球全体から見れば非常に薄いベールだし<言い訳(^^;

 そんなこんなで麗しのタイたんグラビアはこちら。
 http://www.esa.int/SPECIALS/Cassini-Huygens/
 http://saturn1.jpl.nasa.gov/multimedia/images/index.cfm
 http://www.nikkei.co.jp/topic3/photo/g22/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カッシーニたんとタイたん

かわいいアザね…猫みたい♪

 NASAの土星探査機カッシーニは2004年10月26日、土星の衛星タイタンに1,200kmまで接近、様々な観測を行った。レーダーによる地表観測では、クレーターのない非常になだらかな地形が捉えられ、猫のような形の黒い領域は湖ではないかと推測されている。

 「なんてなめらかですべすべの肌なの…。ふふっ、かわいいふくらみ…」
 「あっ…う…。もうやめてください…」

 …えーと、久しぶりの記事なのにいろんな意味でアレなものですみません(^^;

 土星探査機カッシーニたんはNASA最後の大型探査機と呼ばれるほど大きな図体なので、長身・グラマーを想定。服装は放射線や粒子から精密機器を防護するため金色のブランケットをまとってます。子機ホイヘンスの擬人化はどうしようなあ…。うる星やつらのテンみたいなのが胸にぐりぐり顔を埋め…って感じ?(^^;

 ホイヘンスはもう力尽きたけど、カッシーニたんはこれから40回以上もタイたんに接近し、様々な器具でいぢめてくれるそうです。楽しみ~♪

| | Comments (3) | TrackBack (4)

« June 2004 | Main | February 2005 »